この度、地震により被害を受けられました皆様に心からお見舞い申し上げます。
弊社では、24時間体制でお客さまからのお問い合わせを承っております。お近くの営業所へお問い合わせください。
>>>営業所の連絡先は、こちらをご覧ください。

地震発生に対する対応について

揺れがおさまってから、火の始末をしてください


※ガスくさい時は、ガス器具を使用しないでください※

ガスくさい時は、ガスが漏れている可能性があります
窓を開けて換気をし、すぐにお近くの営業所へご連絡ください

ガスくさい時

○換気扇や電灯などのスイッチやコンセントに触れないでください
○ライター、マッチなどの火気を使わないでください

①室内の火は全て消してください。
②すぐに扉や窓を十分に開けて、換気をよくしてください。
③すべてのガス栓・器具栓を閉めてください。
※LPガスは空気より重いので床付近に滞留します。

ガスが出ない時
  必ずガスの臭いがしないかどうか、設置器具に外れなどの異常がないかどうか、全てのガス栓が閉じられているかどうかを確認のうえ、「ガスメーターの復帰手順」に従って、ガスメーターの復帰を行ってください。
  >>>ガスメーターの復帰手順はこちらをご覧ください。

  復帰せず、再び「ガス止」が表示される場合は、お近くの営業所へご連絡ください 。

○ガスメーターは、震度5相当以上の地震を感知した場合は、ガスを自動的に遮断します。
  弊社で設置のLPガスメーターは、ガスご使用中に地震が発生した場合、安全装置が働き自動的にガスの供給を遮断する機能があります。
  また、万が一ガス配管に損傷が起こった場合にも、安全装置が働き、ガスの供給を遮断する機能があります。
 
避難する時
  避難所等に避難する場合は、余震による災害を防止するため、メーターガス栓や容器のバルブを閉めてから外出してください。 容器のバルブは、右に回す(時計回り)と閉まります。

お問い合わせ・点検のお申し込みは、お近くの営業所へお電話ください
※地震の影響により、電話がつながりにくくなっておりますので、ご了承ください。



ガス機器ご利用における注意点
○停電中のガス機器使用のご注意
  
  • 停電中は換気扇が作動せず、給排気が十分に行われない可能性がございます。やむを得ずご利用になる場合は、窓を開ける等、必ず十分な換気を確保してご使用ください。(小型湯沸器、暖房機器、業務用機器など)
  • 夜間などはガス機器がよく見えず、操作を誤ることもございますので、ご使用については十分ご注意ください。

○100V電源を使用しているガス機器について
  
  • 100V電源を使用しているガス機器は、停電中はご使用いただけません。(ガス風呂給湯器、ガスファンヒーター、100V電源を利用したガスコンロ等)
  • 停電により、機種によっては出湯温度などの各種設定がリセットされることがあります。

○ガス給湯器の凍結について
  
  • 長時間の停電や電気ブレーカーを落とすと給湯器の凍結防止装置が働きません。凍結の恐れがある場合は、給水元栓(水道栓)を閉めて、給湯器の水抜きを行ってください。
  • ※水抜きの方法は、給湯器の取扱説明書をご確認ください。

○断水・減水による影響
<断水復帰後>
 
  • 断水による水圧や水の流れの急激な変化により、濁水、赤水が発生することがあります。
<ガス機器への影響>
  
  • 断水中、誤って給湯操作を行ったとしても、ガス給湯器の安全装置により、ガスの着火動作には至りません。
  • 減水時、通常の給水圧力より低いため、ガス給湯器の機種によっては、通常より熱いお湯が出ることがありますので、やけど等なさらぬようお気をつけください。
  • 断水後の赤水等により、ガス給湯器の入り口部のフィルターにさび等が詰まり、ガス給湯器の動作不良、減水による高温出湯の可能性があります。

お問い合わせ・点検のお申し込みは、お近くの営業所へお電話ください
※地震の影響により、電話がつながりにくくなっておりますので、ご了承ください。

ガスでお困りのときは

FOR safe use of LP gas.

When a problem occurs with LP gas, please call the nearest office from people who understand Japanese.

All contents Copyright:GASTEC SERVICE,INC All Rights Reserved.