環境・社会への取り組み

サーラの森

「サーラの森」は、東名高速道路豊川ICより車で90分ほど北に行った豊川・矢作川の上流部(愛知県北設楽郡)、標高800mに位置する約5ha(ヘクタール)の山林です。

東三河を中心に森林育成などの活動を行なう特定非営利活動法人(NPO)「穂の国森づくりの会」のご協力のもと、「サーラの森づくり推進チーム」を中心とした社員参加型の森林経営を行ない、その実践を通じて社員・地域社会に森林環境保全の重要性についての認識を高める環境教育の場とすることを目的としています。

四季折々の美しい自然と触れ合うことができる自然林の復活を目指し、これまでにブナ・モミやミズナラ・栗などを中心に23種類、約2,100本の植樹を行なってきました。

サーラの森で目指すもの

  1. 豊川・矢作川水域(愛知県三河地域)において森林を育成します。
  2. 育成樹種は、付近の植生を参考にブナ・モミ・ミズナラ・栗・ヤマサクラなどを中心に樹種を選び、本来の日本の四季を体感できる自然林を育成・再現します。
  3. 「サーラの森」を訪れた方々に自然と交流する場を提供するため、遊歩道・案内板・休憩場などの施設を整備します。
  4. 森林環境教育を定期的に実施します。将来的には社員や家族のみならず、地域の学生・児童・市民の方々が参加できる場をめざします。

サーラの森

森林育成

植林・記念植樹

整理の済んだ山に、その土地に合った樹種の苗木を植えます。

食害予防による苗木の保護

主にシカによる食害を防止するため、苗木に筒をかぶせて保護します。

下草刈り

雑草やつるから苗木を守るために行ないます。

間伐材の有効利用

間伐体験

国有林(穂の国森づくりの会管理):豊橋市石巻山にて

間伐材の搬入

看板の設置

遊歩道整備

小屋造り

森林環境教育

植生調査・観測



page top

All contents Copyright:GASTEC SERVICE,INC All Rights Reserved.